« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

検診・5ケ月目

たまちゃん検診です。(18w0d)

エコーで見たたまちゃんは、またいっそう成長していました。
手足が先っぽまでしっかりと見えました。
手の平をゆっくりとグーからパーに開いているところでした。
体調の悪いところはなく、気になることもなく、
あっという間に検診終了。

「男か女かわかりますか?」と、ドキドキしながら先生に質問してみました。
先生は、エコーでたまちゃんの股からのアングルで見せてくれたんですが、
「まだ、今の時点ではわからないねぇ~」とのこと。
母も目を凝らしてみましたが、わかりません。

息子の妊娠の時のこと。
今回とは違う病院だったんですが、
7ケ月検診で、「性別言ったっけ?ま、男の子だね~」
と先生に言われました。
そして8ケ月で、「9割方、男の子だね」と言われ、
9ケ月では「9割9分9厘、男の子だね」と言われました。
が、母にはわからなかったのです・・・・。
一緒にエコーを見てたダンナも「わかった」って言ってたんですが。

でも、息子の時は、3ケ月頃のエコーを見た時、
直感的に「この子は男の子かな?」と思いました。
そして、夢で今よりちょっと幼い頃の息子にソックリの赤ちゃんを見ました。
そういう不思議な事があったんですが、
たまちゃんに関しては、今のところ何もナシです。
正体を徹底的に隠しているようです。

果たしてたまちゃんは、どんな子なんでしょうか?
次回の検診がまた楽しみです。

060927_1420

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぐりんぱ行きました。

久々のお出かけです!

母の調子が良くなったので、さっそくお出かけしました。
寒くなる前に富士山に行こう!ということで、ぐりんぱ(旧・日本ランド)に行きました。

富士の方はもう肌寒いくらいでしたが、いい天気で、遊ぶにはちょうどいいくらい。
シルバニアビレッジがメインの園内で、ファンは垂涎なんでしょうが、
母もダンナも、もちろん1歳の息子もまったく興味ナシ。
じゃ、何で行ったのかというと、キッズフジQという巨大こども広場(のような所)
に行ってみたかったのです。
広場にはおもちゃがいっぱい。息子は大喜びで、遊びまくってました。
特に車のおもちゃが気に入ったようです。

あとは園内のキレイな景色を楽しんで、
遊園地ゾーンで観覧車に乗りました。
息子にとって史上最高の高さ。
初めは不安そうで母に抱きついていましたが、
高い所にくると、外の景色をジーッと見ていました。
富士山のすそ野は、少しだけ紅葉してました。
もう少ししたら、最高に素敵な景色が見れることでしょう。

遊び疲れて眠る息子とダンナ(?)を乗せ、帰路に着きました。
今回、母が往復で運転しました。
もともと運転好きな母は、久しぶりのロングドライブがとても楽しかったです。
しかし翌日、相当な疲れが・・・・。
妊婦の自覚、持たなくちゃね。

060924_1144 060924_130100

| | コメント (1) | トラックバック (0)

青春期到来!・・・かな?

母、どうにかこうにか”つわり期”が終わったようです。
食べ物がフツーにおいしいんです。
長かったー・・・つらかったー・・・。(涙涙)

まだまだ暑さはあるけど、めっきり秋めいてきましたね。
今日はまさしく秋晴れという感じ。
こんなに気持ちいい天気だと、気分がウキウキして、
見る物すべてがキラキラして見えます。

息子の妊娠の時、さくらももこさんの「そういうふうにできている」
という本を読んでました。
それによると、安定期を人生に例えると青春期、だそうな。
今、まさしく青春期の到来かしら!
今の私なら箸が転がっても笑えるかもしれません。

しかし、問題がひとつ。
息子がパパ嫌いになってしまったこと・・・・。
パパが抱っこしようとすると、のけぞって泣きます。
赤ちゃん返りみたいなものなんでしょうか?
ママから離れようとしません。
母はそんなにいつでも息子の相手をしてるワケにいかないんですが、
台所に立つことや、家事をすることを許してくれません。
泣いて泣いて、床に突っ伏してしまいます。
何だか仕草が子供らしくなってきたねェ・・・なんて感心しつつも、
母の疲れとストレスも溜まります。困った困った。
どうしたらいいのかしら?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鼻血出ちゃった。

先日、息子が生まれて初めて鼻血を出しました。

最近、睡眠サイクルが変わってきているらしく、
その日は早起きな上にお昼寝もせず、
本人も眠さのあまり午後から超ハイテンション。(だったら寝てくれよ、とツッコミ。)
休日だったので、ダンナとじゃれあって、さらにテンション↑。

そして、お風呂後。
母の腿に顔をスリスリして、顔を上げると血がついてる!
どこから出血!?
と、息子の顔を見ると、鼻から血がポタポタ落ちていました。
初めての鼻血に、母は少し動揺してしまったんですが、
男の子はよく鼻血を出すと聞くし、
ダンナが「今日はオーバーヒートだな~」と平然と言ってたんで、
しばらく様子を見ていると、無事止まりました。

息子よ、適度に昼寝して休んでくれ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

母、ダウン中です。

先日スーパーで買い物してた時のこと。
急にお腹が痛い!と思ったら、目の前が白黒にチカチカして、
暗~くなってきてしまい、立っていられなくなってしまいました。
この症状、貧血です・・・。

もともと子供の頃から貧血起こしやすい体質だったんですが、
今回のように頭がスパークする感じは初めてで、
「やばいかも・・・」と思い、病院へ行くことにしました。
結果は、低血圧による脳貧血。

お腹のたまちゃんには全く影響はなく、
元気にクルクル動き回っている様子を見て安心しました。
あまりに元気すぎるので、「へその緒が巻きつくんじゃないだろか!?」
という、いらない心配までしてしまったくらいでした。

しかし、そのダウン以降、調子が悪いままなのです。
しばらくは起きてるのも辛い状態でした。
そのため、朝から晩まで実家にお世話になりました。

母に昼飯・夕飯を用意してもらい、両親は息子の相手をよくしてくれました。
姉は妊婦に必要なサプリメントを取り寄せてくれたり、息子の相手をしてくれました。
ダンナも息子の世話をするために、早目に帰宅してくれたりしました。
ただ寝てるだけの私を、誰も何も文句言ったりせず、気づかってくれました。
家族って・・・・・何て有難いんだろうと、しみじみ思いました。
ありがとう。いつか、この気持ちをお返しするね。
そして、息子たちにも伝えていくね。そう思いました。

とは言え、いまだに不調継続中。
何とかがんばらなくちゃーね!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »