完治!

息子の中耳炎が完治しました!

急性中耳炎を患ったのが、5月の下旬。
それから、耳の中の水を出すための後治療で、3ケ月もかかってしまいました。
でも完治!!
とても親切で信頼できる先生に出会えたおかげです。
息子のおかげで、母は中耳炎にだいぶ詳しくなってしまいましたが、(^^;)
先生の治療方法は理にかなってて、とても納得できるものでした。

息子がもっと小さい時から、母は息子の健康のことばかり祈ってました。
病気で泣いてる子を見るのは辛いものですから。
今の息子は、ずいぶん大きく、見るからに健康そうに成長して、
ちょっとやそっとの病気は大丈夫だろうと安心していられます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

じんましん!

今朝、息子に初めてじんましんができました。

ビックリ!
朝起きて、オムツを替えた時は何も無かったはずなのに、
朝ごはんを食べて、またオムツを替えようとしたら、お尻と足のつけ根が
何ですか、コレ・・・!?
っていう状態になってました。

赤いミミズ腫れみたいなものが、たくさんできてました。
それと、虫にさされたようなポツポツが至るところに。

息子、グズってたワケだよ!
かゆそう、痛そう・・・。

慌てて、病気の本で調べました。
いちばん近い症状は”じんましん”。
でも、心当たりがまったくありません。

皮膚科でもじんましんと診断され、
お薬もらってきました。

何か・・・体調悪いせいなのかなぁ。
今は腫れがひいて、赤みが残ってる感じです。

念のため、ブタさんベープを購入しました。

060615_2211

| | コメント (3) | トラックバック (0)

健康ってスバラシイ!

息子のご機嫌がとってもイイです♪
今朝はひとり穏やか~に遊んでいました。
こんな姿、約1ケ月ぶりかも・・・。母、感涙。

健康、いちばんですね!

こないだ薬局で息子のお薬を待ちながら、
何となく貼られてるポスターを見てたんです。
すると、イネ科植物の花粉症のものが。

「春から初夏に多く・・・スギ花粉症等と違う点は、ノドの痛みがあること・・・」
んんん~??

母、最近クシャミがよく出るんです。
数年前から、突然クシャミが出る~と思って、
窓の外を見るとツツジが咲いていました。
そう、いつもこの季節にクシャミが出るんです。
しかしノドが痛いので、なかなかカゼが治らないなーと思っていたのです。
まさかよもやの花粉症!?
・・・イネ花粉症だなんて・・・日本人の資格ないっス・・・。
しかも、

ヒノキ(最高級)

スギ(一応、高級建材?)

イネ科の植物(要するに雑草です・・・)

最下級じゃーんッ!!  Σ<(゚□゚||)>がーん!
スギ花粉症のダンナにも負けてるー・・・!!


そんなワケで、一家そろって体質改善にとりくむことになりました。

                           (この先つづく)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はじめての鼓膜切開

先月半ばから患っている息子の中耳炎、
今回は相当悪いようです。

治りきらない内に、耳だれが3度も出てしまいました。

くり返すのは仕方がないとしても、これまで毎回完治はしてきました。
それがなかなか治らない・・・ということに、
母はだんだん焦りと不安を感じてきました。
息子のグズり&不機嫌もピークに達しています。
とにかく、これまでの治療じゃ埒があかない!!

違う病院へ行くことにしました。

家からはちょっと遠いんですが、評判の良いA耳鼻科。

先生、診るなり、「鼓膜切開だね」とのこと。
鼓膜切開ー・・・ッ!?
イヤ、こわいーッ!!  ・・・でわなく、  
母、・・・正直ホっとしたのでした。
もはや鼓膜切るのが一番なのでは・・・と思ってたのです。
それをしてくれるお医者さんに出会えたー・・・。

「10回以上も中耳炎くり返してるなら、切開したことあるでしょ?」
イエ、したことありませんでした。
「普通はすると思うけどね・・・。
 やっぱり薬だけの治療じゃ限界があるからね」
そうして、耳に麻酔の薬を入れて、待つこと20分。
先生が軽く針のような細い器具で耳をつついて(?)、
簡単に切開の手術は終わりました。

耳鼻科にいる間は、もちろん息子は大泣きだったんですが、
手術後の息子は、何だか安らかな感じ・・・。

これで良くなってくれることを祈ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ドタバタ。

息子の耳だれが出て、今回もだいぶショックでした。
だって、2日前にお薬が終わって、治った~と思ってた矢先のことです。

明日の朝一で病院だ・・・と思いながら、息子の寝かしつけに入りました。
しかし寝ない・・・・。まぁ、いつものことですが。

1歳になるまで、息子は本当に良く眠る子でした。
寝すぎてミルクを与える間もなく、母が逆に泣いていたくらいです。
それが最近。寝かせるために抱っこしてると、暴れる。大泣きする。
「この頃は体重あたりの力が最大なんだよね」
という耳鼻科の先生の言葉を思い出します。
手加減なしのマックスパワーで暴れるので、
母は押さえつけるのに一苦労です。

それが、その晩は、泣いて泣いて泣きやまず。
耳だれに血が混ざってたこともあり、母は心配になってきました。
救急に行こう!
ダンナと二人、息子を連れて、深夜12時に病院に向かいました。

しかし、家を出たあたりから息子は泣きやみ、
病院に着く頃にはすっかりおとなしくなっていました。そして眠そうな素振り。
ただの寝ぐずりだったのかー・・・!!
母、思いきりガックリきたんですが、しょうがないので診察を受けました。

家に帰ったのは、深夜1時過ぎでした。
息子は疲れのあまりすぐ眠り、
ダンナは翌日、寝不足でフラフラしながら仕事へ行きました。

中耳炎は、くり返す子はくり返す。大きくなるのを待つしかない、と先生は言います。
確かに、何を調べても、同じようにしか書かれていません。
・・・でも母はあきらめませんヨ。

息子の体質改善プログラムを決行いたします!!

※いつもコメントくださる皆様へ

  中耳炎の記事は、私の記録のために書いています。
  子供の病気に関して、コメントするのは、とてもつらいことと思います。
  心配してくださる方がいるということは、とても有難いことだと思っています。
  そのお気持ちだけ、受け取らせていただきます。 
  いつも温かい言葉をくださって、本当にありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ああ、中耳炎・・・。

またしても中耳炎です。
今回は、気管支炎になっても早めに受診して、
耳は何とか守ったな~と思ってたので、だいぶショックでした。
しかも前日に耳鼻科に行って、「耳は大丈夫」と聞いてただけに、
ますます悔しいです。
濃い鼻水が出始めた時点で耳鼻科に行っていればよかった・・・。
ちょっとノンキに構えすぎてしまいました。

今回の中耳炎は、今までの中でもひどい方です。
昨日は午前中から機嫌が悪く、昼すぎから泣き出して止まらなくなってしまいました。
夕方ころ、やっと落ち着いてお昼寝してくれた・・・と思ったら、耳だれが出ていました。
相当、痛くて辛かっただろうな・・・と本当に申し訳ない気持ちになりました。
もっと早く鼻水を止めてあげればよかった。

耳だれが出てしまうと楽になるので、今はちょっとグズりつつも普段どおりです。

・・・もう体質改善しかありません!
この中耳炎体質、絶対に母が治してみせますー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鼻水のため耳鼻科へ

息子の気管支炎は完治したようですが、鼻水が止まりません。
止まらないどころか、ひどくなる一方なので、
またしても耳鼻科へ行くことにしました。

先生、「今度は副鼻腔炎になっちゃったかな?」とのこと。
母と一緒だネ。  な~んて、こんなおそろいはイヤですね。
先生に機械で鼻水を吸ってもらいました。
すると、出ること出ること・・・
透明な管を通して、鼻水が吸い込まれていくのがよく見えます。
こんなにどこにつまってるの?ってくらいの量です。

その間、息子は泣き叫んでいます。
「ブッペ、ぺっぺ、パッパー◎××△△○!!」
何か文句言ってるみたいです。
その内、鼻を吸う管が途中でポンと抜けてしまいました。
先生、「鼻水が多すぎて取れちゃったよ~」
看護婦さん、「あらあら、こんなことは無いんだけどね~」
皆で笑って、息子以外はなごやかなムード。ごめんね。

お薬1週間分もらいました。
これで完全に鼻水も治るといいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母も耳鼻科

今日は、母も耳鼻科です。

GW前に息子ともどもカゼをひいて、
ふたりで咳・鼻水に悩まされてきたんですが、
微熱が続くな~、かったるいな~、と思っていたところ、
いよいよ持病が出てきてしまいました。

私の持病・副鼻腔炎。
なった人はわかると思いますが、割りとキツいです。
20代の頃から、年1、2回かかってしまいます。

鼻が痛~い。顔が痛~い。頭が痛~い。

私のかかりつけ医に診せたところ、
「あ~、またカゼから鼻にきちゃいましたね。」とのこと。
それで、今回にして、ようやく気づきました。

息子の中耳炎と一緒なんだ~!!

これまで、どうして何度も副鼻腔炎になっちゃうんだろう・・・
と思ってたんですが、
カゼの菌などが、私の場合は鼻に行って→副鼻腔炎
           息子の場合は耳に行って→中耳炎
という図式になっていたんですネ。
やっとわかりましたよ。
予防は、カゼをひかない・長引かせないこと。 ということですね。

これまで、息子の中耳炎体質は、花粉症のダンナ由来に違いない!
と思ってたんですが、私から受け継いだのかもしれませんね・・・。

私が、「つらいヨ~痛いヨ~」と言ってると、
ダンナが「(息子も)それぐらい痛いんだろうね」と言いました。
ああ、そっか・・・。
息子の痛さやツラさも、ようやくわかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日も耳鼻科

今日は息子の聴力検査で、耳鼻科に行きました。

前回の聴力の数値が悪かったそうで。
先生によると、
「中耳炎の後は、治る段階としてあることだから。
 別に特に気にすることじゃないよ」 とのこと。

その聴力検査とは、ペン先ほどの細い機械を
耳の穴にちょっと入れるだけです。
痛くもかゆくもないハズ。
息子、初めはおとなしく座ってましたが、
「すぐ終わるネ~、がんばろうネ~」なんて言われて、
体を押さえつけられると、もうアウトです。
診察室にこだまする、息子の号泣・・・。

ところで、その検査をしてくれたのは、ロシア人の女の先生でした。
髪や肌の色が違う人を見ても、赤ちゃんは驚かないんだネ~
と、母はノンキに感心してました。 ごめんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の診察

病院に行きました。
気管支炎、だいぶ良くなってきてます。

寝起きは咳が激しく出るけど、
睡眠中は無くなり、日中は減りました。
母、ホっとしています。

鼻水は・・・ちょっと運動して体が温かくなると、
二筋のいわゆる”あおっぱな”がデ~ンと流れてます。
こちらは長引きそう・・・。

今回の病気になって、息子の寝相が悪くなりました。
あお向けに寝ると、鼻が通らなくて苦しいらしく、
横向きで寝るようになり、 ↓
うつ伏せで寝るようになり、 ↓
何度も寝返りをうつようになり、 ↓
朝になると、とんでもない場所に居るようになりました。

ま、よく眠れてるようなのでいいんですけどネ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧